ネットビジネス

泉忠司氏の生き方とは?マルチとボーダレス、そして最後のプロジェクト「BILLIONAIRE CASTLE(ビリオネアキャッスル)」

2019年5月24日

前回の記事では、泉忠司氏の活動領域や、それぞれの活動分野で出版している書籍について詳細にご紹介しました。そして、泉忠司氏の活動領域について「ボーダレス」という表現を使わせていただきました。

引用:http://izumi-tadashi.net/

たくさんの領域で活躍することを「マルチ」と表現することが多いでしょう。なぜ、「マルチ」ではなく「ボーダレス」なのか。それについては、泉忠司氏が自身のHPの中で詳細に発信しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「いろんなことをやっていますね」「マルチですね」などと言ってくださる方が多いですが、正直、そう言われるのは好きではありません。「マルチ」ではなく「ボーダレス」なのです。

人間のあらゆる活動はすべてひとつにつながっているという考え方のもとに、縦にも横にも区切らない「ボーダレス」な活動をモットーとしています。

つまり、人間の活動をカテゴライズすることなく、泉忠司は「泉忠司の活動」という、たったひとつの活動を行っているに過ぎないのです。

例えば、「大学教員なのに、どうして俳優を?」などと聞いてくる方がたくさんいらっしゃいますが、「どうして大学教員が俳優をやっちゃダメなのですか?」と、逆に聞いてみたくなります。

大学教員の仕事は通常、「研究して、論文を書いたり、学会発表をする」「教室で授業を行う」「学校運営」の3つに分類されるのでしょうが、例えば机の上で教科書を開いて予習をすることだけが授業の準備でしょうか?

僕は俳優として活動しているがゆえ、他のどの先生よりも声が通る自信があります。だって腹式呼吸ですから。もちろん、特定のセリフをより強く観客に印象づけるような訓練もしているので、授業のなかで強調したいポイントをより明確に学生に伝えることもできます。

「俳優活動」=「授業のいい準備」になっているのです。これはごく一例を挙げたまでのことで、人間の活動はすべてつながっています。

泉忠司の職業は「泉忠司」なのです。

引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html#a-01

・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしょうか。これまでの社会が作り上げてきた、ジャンルやカテゴリー、そして縦や横の区分に一切とらわれない泉忠司氏自身の生き方が手に取るように分かります。実際、このような考え方をしながら生き、お金を稼ぐことができる人材は、この世の中にもわずかしかいないでしょう。

泉忠司氏のこのようないくつもの分野にわたる活動は、日本のみならず世界的にも高く評価されています。2011年には当時39歳という若さで東久邇宮文化褒賞を授与されています。また、世界各国で行っている社会貢献活動が評価され、2017年9月にはアメリカ合衆国大統領府最優秀顕彰を授与されています。

引用:

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1931941436884851&set=a.313834985362179&type=3&theater 

このようにボーダレスに活躍する泉忠司氏の活動の一つに、「仮想通貨」があります。泉忠司氏は、仮想通貨の日本での普及に大きく貢献したと言われています。このことが、前記事でもご紹介した泉忠司氏の異名、「King of Coin(暗号通貨王)」にもつながっています。

そんな、泉忠司氏が、自身の最後のプロジェクトと称し、大々的にスタートするのが「BILLIONAIRE CASTLE(ビリオネアキャッスル)」。一体、どのようなプロジェクトなのでしょうか?

引用:http://billionaire-castle.com/

泉忠司氏は、ビリオネアキャッスルを紹介する映像やメッセージの中で、「成功するために泉忠司になればいい」というメッセージを発信しています。「そんな簡単に言われても・・」と思った方も多いでしょう。しかし、ビリオネアキャッスルにおいては、文字通り「泉忠司になる」ことで大きく成功することができるのです。

ビリオネアキャッスルを紹介するメッセージの中で、泉忠司氏はこの世の中には4種類の人間がいると発信しています。

①時流を企てる層

②時流を創る層

③時流に乗る層

④時流に飲み込まれる層

私たちの多くは、「④時流に飲み込まれる層」に属しています。自分自身で起業したり独自に活動を行って利益を得るという種類の人もいるでしょうが、それでも「③時流に乗る層」からの流れにしか過ぎません。

この世界において大きく資産を増やしてビリオネアになるには、「①時流を企てる層」という非常に難しい種類の人間になる必要はありません。泉忠司氏は、「①時流を企てる層」からの確実な情報を得て、「②時流を創る層」にポジションを取り、時流が動き出す半歩手前で行動すればいいと言います。つまり、時流を企てることはできなくても、時流を企てる層からの確実な情報を仕入れて適切にタイミングよく行動することができれば、大きなリスクを背負わずに資産を爆発的に増やすことができるということなのです。

「BILLIONAIRE CASTLE(ビリオネアキャッスル)」では、その「①時流を企てる層」からの確実な情報を、泉忠司氏を通して受け取ることができます。つまり文字通り「泉忠司になればいい」を実践することができるため、泉忠司氏が得られるような成功を、私たちも得ることができるというわけなのです。

引用:http://billionaire-castle.com/

 

ビリオネアキャッスルへの参加者は、数えられる程度の小規模なものではありません。何千人いう規模の多くの人たちが、一度に同じ投資をしたらどのようになるでしょうか。それがまさに、泉忠司氏が時流を創るということであり、私たちがしっかりと時流に乗るということでもあるのです。

ここで、疑問がわいてきます。「BILLIONAIRE CASTLE(ビリオネアキャッスル)」は入会無料のプロジェクトですが、泉忠司氏はなぜ自分一人で得られる情報やそれによる多くのメリットを、私たちに無償で提供してくれるのでしょうか。それは、きっと彼自身の原点にあると言えるでしょう。

引用:http://izumi-tadashi.net/profile.html 

情報や利益を独占することは、考え方のゆがんだ経営者やお金持ちと同じ種類の人間になってしまうことだと泉忠司氏は言います。そして、そんな人間にはなりたくないとも言っています。泉忠司氏の原点は、教育者です。何かを「知りたい」と思う人たちが泉忠司氏のもとに集まり、そしてその思いに対して泉忠司氏が「応えたい」と感じ情報を提供するという仕組みがここに見えてきますね。「BILLIONAIRE CASTLE(ビリオネアキャッスル)」の原点は、まさにここにあると言えるでしょう。

仮想通貨は今後ますます注目を集めていくと多くの投資家が評価しています。仮想通貨の日本での普及に貢献した泉忠司氏は、「BILLIONAIRE CASTLE(ビリオネアキャッスル)」と共にますます活躍していくことが予想されます。ぜひ、その動向を見守っていきましょう。

 

投稿者プロフィール

ハク
ハク
元テレビのアシスタントディレクターのハクです。地獄のように働く日々に嫌気がさして、パソコンひとつで稼げないかと模索してネットビジネスの世界へ。しかし、そこは情報弱者は一切稼げず、逆に情報収入力や分析力が高い人は簡単に稼げる世界でした。ネットビジネスで稼ぐコツや巷に溢れる偽情報を切り、本当にいいものだけを伝えていきます。

-ネットビジネス

Copyright© 話題のネットビジネスまとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.